クランプ目立て・焼き入れ

「クランプの歯が丸くなって、滑る・掴めない。」 そんなフレーム修理機用クランプが目立てをする事によって再生可能になります。
その他にもボルトの折れこみ修正・ピン修理や修理可能部分の再生等も承りますので、新しいクランプを購入される前にご相談下さい。

※クランプによっては材質不良による硬度不良が生じ、焼入れができない場合があります。
※亀裂の入ったクランプは修理をしても強度が不足してしまいますのでお受けすることができません。

ボルト・ナットの交換もできます